ブロッコリーにようやく頂花蕾。

0

    まだかまだかと、時々葉っぱをかき分けてチェックしていたブロッコリー
    (スティックセニョール)に、ようやく小さな花蕾が見えました。


    まだまだ生長の早い株にしか見えないので、全部の株に花蕾がついて、収穫が出来る
    ようになるのは当分先だな〜。

    でも、寒くなってからのスティックセニョールは、花蕾の部分はもちろん、茎の部分が
    とっても甘くなるので、楽しみです。

    スティックセニョールの頂花蕾は、500円玉くらいの大きさになったら摘んで、
    側花蕾の生育を促します。

    今年はアブラムシの気配が見えないのはよいのですが、ヨトウ虫に派手に葉っぱ
    を食われているので、これからもマメにチェックしなければ。

    でも、普通のブロッコリーは、うっかりすると、収穫した頂花蕾の中にヨトウ虫が
    潜んでいて、ちゃんとチェックしてから切らないと、「ギョエッ!!」という事があったり
    しますが、さすがにスティックセニョールには、そういう心配がないのはよいです(笑)

    早く甘〜いスティックセニョールが食べたいな。

    ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
    にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
    にほんブログ村


               

    少しずつ秋冬野菜を定植。

    0

      相変わらずの猛暑&雨の降らないの残暑が続いておりますが、日も若干短くなり、
      早朝と夕方以降だけは少しばかり秋らしい涼しさが訪れるようになったので、
      ブロッコリー類の定植開始を断行致しました。

      まだ暑い時期に植えつけなければならない秋冬野菜の苗は、曇りの日や夕方に
      定植した方が、多少は植え傷みを防げます。

      天気予報によると、今日の午前中は曇りらしいので、昨日の夕方近くに植付けて
      きました。

      後で土寄せする事を考えて、去年などはポリマルチを張らなかったのですが、
      今年は水枯れが心配だったので、マルチを張る事に。

      苗を一度に持っていけないので、少しずつ定植。


      昨日は、スティックセニョールとカーボロネロの一部を定植しました。

      この2種は本葉の5枚目が展開していましたが、ミニカリフラワーはまだちょっと
      小さいので、もう少し育ててから定植する予定です。

      お水はたっぷり。
      そして、もちろん、この後は蝶々やシンクイ虫避けに寒冷紗トンネルを設置。
      ・・・って、暑すぎるからか、モンシロ蝶の姿は見かけないのですけどね。
      (そして、カラカラだからか、今年は畑で蚊に刺されません。)

      ポット苗が干上がっちゃうのが心配で、あまり長くお日様に当ててあげられなかった
      ので、これから存分にお日様を浴びて根をひろげ、早く大きくなって欲しいです。

      ・・・とはいっても、まだまだ続く猛暑と雨の予報がないので、枯れあがらないように、
      活着するまでの暫くの間はマメに水やりしてあげないとね。

      ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
      にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
      にほんブログ村


                 

      スティックセニョール終了

      0

        頂花蕾がぼっこりと大きくなるブロッコリーより気に入って毎年育てている
        茎ブロッコリーのスティックセニョール。


        大きなぼっこりはないですが、長い茎が甘くて美味しい側花蕾が
        次々と発生します。

        でも、このくらいの大きさのものがとれているうちはよいのですが・・・


        採り続けていたら、もはやこのくらいの細さ、小ささのものばかりになって
        しまったので


        昨日、撤収しました

        残念ですが、また秋に!

        ブロッコリー類は春播き(品種は要選定)も出来るので、すぐまたもう一度・・
        という事もできなくはないですが、夏採りと秋冬採りでは甘さが全然違うんです。

        もちろん、秋冬採りの方が断然美味しいので、一度試してみただけで春播きは
        やめました(笑)

        そういえば、最近見かける「イタリアンブロッコリー」とか「鈴なりブロッコリー」
        とかいう名称で売られている、葉がちりめん状の茎ブロッコリーはとっても晩生
        (2月頃から収穫とか)らしいので、早生のスティックセニョールと併せて栽培したら
        うまくリレーできて春まで立派な茎ブロッコリーが食べられるかもしれませんね。

        ブロッコリー(アブラナ科)の栽培ポイント-------------------------------------------
        ・品種は早生〜晩生種まであり。
        ・秋冬採りは通常7月下旬頃にポットに種蒔きして育苗し、8月末〜9月にかけて
         本葉4,5枚で畑に定植。
        ・シンクイ虫や青虫の食害を受けやすいので、寒くなるまでは防虫ネットトンネル
         設置必至。
        ・頂花蕾がつく前に株を充実させる為に元肥はしっかり、追肥はこまめに。
        ・成長するにつれ倒れやすくなるので、しっかりと土寄せする。
        ・頂花蕾が13〜15冂度に大きくなったら、花蕾が固く締まっているうちに収穫。
         頂花蕾を収穫しても小さな側花蕾が次々と収穫できます。
        ・茎ブロッコリーは頂花蕾が500円玉大になったら摘芯して側花蕾の成長を促し、
         側花蕾が2,3冂に大きくなったら茎を折取って収穫する。
        -------------------------------------------------------------------------------

        ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
        にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
        にほんブログ村 


        << | 2/2PAGES |
                  

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        search this site.

             

        Thanks for coming!

        profile

        Message


        菜園生活、もうすぐ10年目
        まだまだ勉強中&試行錯誤中!
        多くの方と、野菜作りの楽しみを
        共有できたらうれしいな〜♪

        What time is it now?

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        others

        mobile

        qrcode

        BlogPeople




        recommend



        珍しい種苗がたくさん!日光種苗

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM