第二弾蕪は美肌♪

0

    昨日、横浜国際女子マラソンの中継を聞いていたら、去年の大会時の気温は25℃
    だったとか言っていました。

    25℃といったら、夏日じゃないですか〜!

    11月のこの時期に夏日だったなんて、「去年は暖かい秋が長かったなぁ」という
    記憶があったとしても、驚きでした。

    道理で、虫害が多かったはずだ(笑)

    それを考えれば、今年の気候はまだ例年通りらしいのかな。

    さて、

    9月下旬に種播きした蕪は、穴空きマルチに最終的に2株ずつ残しておりましたが、
    小蕪から中蕪サイズ程に大きくなったので、各穴に1株ずつを残すべく、ボチボチ
    収穫を始めました。


    この品種は割れづらく、小蕪から大蕪採りまで出来るので、残した株は、じっくり
    育てて、いくつかは大蕪で収穫したいな〜。

    そして、この第2弾種播きの蕪は、肌がとてもきれいです。


    虫害を覚悟で9月初旬に種播きした蕪は、キスジノミハムシがピョンピョン活動している
    時期だったので、やはり若干お肌がきれいでないものが採れましたが、その3週間後に
    種播きをずらしただけで、虫害の度合いはかなり変わってくるから面白いです。

    ちょっと早い時期(といっても、9月初旬)にアブラナ科類を種播きすると、アブラムシを
    はじめとする虫害が多いので、ここ3年程は、9月も後半になってから種播きを
    するようにしていましたが、久々に早い時期の種播きをしてみたら、「やっぱりね〜」の
    結果になりました。

    その土地や気候、土壌の性質にもよりますが、無農薬で作物を育てようと思ったら、
    虫の発生や活動サイクルも考慮に入れて、栽培時期を微妙にずらしたりするのも
    一手ですね。

    秋冬などはどんどん寒くなるので、遅くにずらすのは限度がありますが、ある程度の
    ずらしであれば、マルチやトンネルで温度調整をしてあげれば済む事ですし。

    白菜などはともかく、生長が早くてあまり追肥もいらない葉菜類や蕪などは、調整が
    しやすいです。

    ・・といっても、最近の気候はとっても先読みがしづらいから困るのですけど。

    ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
    にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
    にほんブログ村


    コメント
    年によって同じ秋でも、暑い秋や寒い秋になりますね。
    気候を読んで栽培時期を決めなければなりません。
    自然相手の農業は気象知識と化学も必要ですね。
    >bluejayさん
    数年間野菜を育てただけで、毎年毎年気候が異なるのを実感して驚きます。
    夏の様子が違うのにも驚きますが、秋の暖かさ、長さも気になるのですよ〜。
    いろんな事を想定しながら、種播きしたり防寒したりするのも、大変ですよね(笑)
    • たま
    • 2012/11/20 8:15 AM
    コメントする








       
              

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    search this site.

         

    Thanks for coming!

    profile

    Message


    菜園生活、もうすぐ10年目
    まだまだ勉強中&試行錯誤中!
    多くの方と、野菜作りの楽しみを
    共有できたらうれしいな〜♪

    What time is it now?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    BlogPeople




    recommend



    珍しい種苗がたくさん!日光種苗

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM