蕪も発芽♪

0

    ちょっとだけ空いている場所に、蕪も種播きしておりました。

    この時期に種を播くと、だいたいの場合、アブラナ科には激しくアブラムシに
    つかれるので、本当は9月末〜10月初旬頃にマルチとビニールトンネルで
    種播きして育てたいのですが・・・

    早く甘い秋冬の蕪を収穫したくて、アブラムシとおおいに戦う覚悟で播種
    しちゃいました。

    実は、今、我が家の糠床が絶好調(笑)

    去年の秋以降、糠床をお休みさせていたので、再び目覚めさせた糠床は、
    夏のキュウリ最盛期にはまだ今ひとつ本調子でなく、とりあえず、キュウリの
    古漬けばかりを量産していたのですが、キュウリが終わる頃になって、
    やっと美味しい糠漬けが漬かるようになりました。
    (だから、今ではキュウリを買って漬けているのが、ちょっと悔しい)

    その糠床に、寒い時期の美味しい蕪を早く漬け込んであげたいのです!!

    その蕪は、播種した翌々日にはポツポツと発芽が始まり、3日目の昨日の様子はこう。


    1列に並んだ小さな芽が可愛らしい♪


    品種は「スワン」です。
    タキイさんからもアタリヤさんからも出ていて、小蕪採りから大蕪採りまで出来る、
    肉質みっちりやわらかな甘〜いフルーツのような蕪です。

    今年は、秋が収穫期の作物をたくさん植えてしまったので、夏が過ぎようとしていても
    広い土地がなかなか空かないのですが、土地が空き次第、葉菜と共に、また蕪を
    追加で種播きしようと思います。

    ポチっと応援してくれたらうれしいです♪
    にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
    にほんブログ村


    コメント
    スワンにしようかいろいろ検討しました。
    美味しいようですね。来年はスワンにしようかな。
    結局、中かぶ「玉波」を2月に予定しました。
    ところでアブラムシ避けにビニールトンネルにすると温度が高くなり過ぎませんか。
    >bluejayさん
    私も蕪はいくつかの品種を育てましたが、このところはスワンに落ち着いています。
    いろんな大きさで採れて、味の美味しさ(特に冬は)と玉割れしづらいのが育てやすくて気に入っています。
    ビニールトンネルはアブラムシ避けというより保温で使うつもりです(穴あきビニール)
    今年も暑かったのでアブラムシ発生期間もどうなるかはわからないのですが、10月頃からの種播きになると、例年は格段にアブラムシが減るので。
    • たま
    • 2012/09/12 9:07 AM
    コメントする








       
              

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    search this site.

         

    Thanks for coming!

    profile

    Message


    菜園生活、もうすぐ10年目
    まだまだ勉強中&試行錯誤中!
    多くの方と、野菜作りの楽しみを
    共有できたらうれしいな〜♪

    What time is it now?

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    others

    mobile

    qrcode

    BlogPeople




    recommend



    珍しい種苗がたくさん!日光種苗

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM